事故車を高く買い取ってもらうテクニック

事故車が高く売れる理由

日本では事故車は縁起が悪いと敬遠されがちですが、海外、特にアジアや中南米などの発展途上国では日本車は丈夫で長持ちするという理由で事故車でも人気があります。

そのため日本車のパーツにも需要があり、修理できない事故車でも「使えるパーツ」だけ抜き取り、それを販売することができます。

また壊れて利用できない部分は「鉄」としてリサイクル業者に買い取ってもらうことができるのです。

このようにして事故車の買取業者は利益を得ることができるので、事故車でも需要がとても多く、高く売れるというわけです。

では次に車の状態によってどこに売るのがベストなのか紹介していきます。

まだ動かすことができる事故車の場合

自走できる事故車

「修理すればまだ使えるんだから、もっと高く買い取って欲しい」

そういう人にオススメなのが「中古車の買取専門業者」です。

先述した通り日本車は海外で人気なので、中古車市場は売り手市場です。
そのため事故車であっても高く買い取ってもらえます。

中古車の買取業者というと「Gulliver(ガリバー)」「カーセブン」が有名ですが、「アイランドオート」「オートバジェット」など知名度があまりなくても高く買い取ってくれる業者はたくさんあります。

そのため、この場合はネットで最大10社から査定してもらえる「中古車の一括査定(事故車対応)」を利用し、その中から最高額を提示した業者に売るのがおススメです。

satei

動かすことのできない事故車の場合

自走できない事故車

動かすことのできない事故車をスクラップにしてしまう方も多いですが、その際に「自動車リサイクル料」「解体費用」「抹消登録費用」がかかってしまいます。

こういった場合は「廃車専門の買取業者」に出張買取をお願いましょう。

先述した通り、動かせない車でも業者は独自の販売ルートを用いてパーツなどを海外に売る事で利益を得ることができます。

そのため自分でお金を出してスクラップにするより、買取業者に売る方がだんぜんお得です。

また廃車専門の買取業者も数多くありますので、一件一件見積りしてもらうよりかはカービューの「事故車の一括査定」を利用し、その中から最高額を提示した業者に売るのがおススメです。

事故車買取

事故車を一括査定した実例

私が現役時代、とある被害者が事故車を一括査定サイトで出張買取をしてもらいました。

興味津々だった私は「いくらで売れましたか?」と聞いたところ「35万円」とおっしゃったのです。

最初に査定した業者さんは23万円だったそうですが、その後「買取合戦」というべき状況になり、結果として12万円もアップできたそうです。

ちなみに、私たち保険会社が買い取ってもらう会社に見積もりをしてもらったら19万円でした。

意外と高額だったのでアジャスター(車の専門家)や同僚たちも驚いていました。

私もその差にびっくりです。

それ以降、車を手放す時は一括査定サイトで査定することをおススメしています。

車の買取業者ってどこも同じ?

車の買い取り業者ってどこも同じ?

「車の買取業者はどこも同じだからどこでもいいでしょ?」

私が現役時代、こう言った声をよく耳にしました。

しかし査定額はその業者によってまちまち。

「じゃあどこが高いのか教えてよ」と言われます。

しかし、この質問に対しては、私ははっきりと回答することはできません。

なぜならば車によって、どの業者が高く買い取ってくれるかが異なるからです。

「口コミで買取価格が高いという噂のA社よりも、安いという口コミが多いB社の方が査定が高かった」という経験は珍しくありません。

一般的に高値買取をしてくれる業者はご紹介できても、その車についても高値買取してくれるとは限らないからです。

だから、車を買い取ってもらいたい場合は1社だけではなく複数社に査定してもらうことが重要です。

口コミに惑わされることなく、自分の目で高額査定をしてくれる業者を選ばなければならないのです。

こんな買取業者には要注意

悪徳買い取り業者

買取業社の中には相手の無知につけこみ悪い仕事をする業者もいます。

例えば、「複数に査定してもらう」と言ってあるのに、その場で買取の口約束をさせようとしたり、契約書を用意していない業者です。

そのような業者は、他のまっとうな買取業者と同列にしてはいけません。

もし、上記のような営業手法で売却を迫ってきたらキッパリと断り、他の業者に依頼しましょう。

買取業者を一気に比べる方法とは?

一括査定サイトで査定を依頼すると、ネット上で概算の査定額を見比べることができますが、実際に現車を見てもらわなければ本当の査定額はわかりません。

だから、複数の業者に現車を見てもらうことが重要です。

「けど何回も査定士さんが来るのは大変だし時間がないよ」という方のためにとっておきの方法をご紹介します。

私の同僚のアジャスターたちが毎回やる方法なのですが、それは「同時現車確認」です。

なんと複数の買取業者さんたちを一気に集めてその場で査定をしてもらうのです。

そうすると、自分が駆け引きをすることなく、査定士たちが価格競争をやってくれるので確実に高額査定で売却することができます。

もちろん悪質な買取強要なんてできません。

車の買取とディーラーの下取りってどう違うの?

車のディーラー

査定額がぜんぜん違う

実は私も示談担当者になって、ディーラー勤務経験のあるアジャスター(車の専門家)から話を聞くまでは、下取り額が一番高値だと思っていました。

新車を買うのだからその分、下取りでサービスしているものだと勘違いしていたのです。

ところがアジャスター(車の専門家)曰く「下取り額なんて、査定表通りにやってるだけだからそんなに高くないよ」というのです。

確かに下取りを複数のディーラーにお願いして査定額を比べたりしませんから、その金額が妥当かどうかも判断できませんよね。

ところが、買取業者は市場の人気を反映した査定基準に則って査定しているので、人気装備がある車、人気の車は査定額が下取りよりも大幅アップすることも少なくないそうです。

実際に、アジャスターの経験によると下取りを希望していたお客さんがネットで一括査定依頼したところ10万円以上アップした、ということも少なくないそうです。

その金額で新車のアクセサリやオプションを豪華にする人が多いそうです。

査定のプロと販売のプロの違い

買取業者の査定士は査定のプロです。

それに対してディーラーの下取りはプロが査定するわけではありません。

新車販売のプロである営業マンが査定します。

プロの査定と、そうでない人の査定、どちらが信頼できるか、というとプロの査定ですよね。

もちろん、プロの査定はチェックポイントは厳しいですが、アップポイントを見極める目も確かです。

人気装備、日常の点検、使い方、といった私たちが見てほしいポイントをしっかりと確認し、査定してもらえます。

事故車は修理してから売る方がいいの?

事故車の修理

事故車を修理してから売る必要はありません。

なぜならば、傷があるからダウンしてしまう査定額よりも修理費の方が高額になるからです。

修理工場に勤務していて、板金塗装する技術を持っている、というプロなら別ですが、そうでなければわざわざお金を払って修理してもらいますよね。

その修理代には当然ながら修理工場の儲けが乗せられます。

私の経験上、ドアパンチ程度の小さな傷でも2万円ほど請求されます。

しかし2万円かけたからといって、それ以上査定額がアップするかというとそうでもありません。

買取業者はローコストで修理をすることができる独自ルートを持っています。

自社の修理部門を持っている場合は、さらに格安です。

だからわざわざ修理をしてあったとしても、支払った修理代を上回る査定額をつけてくれることはないのです。

車の査定ってどんなところを見て決めているの?

車の査定

外観

まずは「修理歴」、「塗装の状態」、「車体の歪み」などを確認するために念入りに外観をチェックします。

「バンパーやフェンダーといったパネル部品同士にずれはないか」「再塗装した箇所はないか」「車軸はずれていないか」といった観点で確認をします。

例えば、バンパーとフェンダーの間に必要以上に隙間が空いている場合は、どちらかの部品を交換した可能性があるので「事故歴あり」ということで査定額が落ちてしまいます。

手動スライドドアがスムーズに開かない場合も修復歴を疑います。

もし、スライドドアの開閉がスムーズじゃない場合は、潤滑油などをさしておくといいでしょう。

またボディーカラーも重要な査定要素です。

白やシルバーといった色は人気で、逆に赤や黄色はマイナス査定になることもあります。

内装

「シートの汚れ」、「匂い」、「フロアの汚れ」、「パネルの汚れ」、「日焼けの状態」を確認します。

小さなお子さんがいる家庭の車のシートはどうしても汚れがちなので査定額がダウンしてしまいます。

また、タバコやペットの匂い、食べ物の匂い、などの異臭も査定ダウンの原因となります。

もし「うちの車、ちょっと臭いかも」と思ったら無香タイプの消臭剤を使いましょう。

強い匂いでごまかすと、印象が悪くなってしまいます。

走行距離

査定士はエンジンをかけて走行距離を確認します。

一般的には「走行距離 ÷ 新車登録から経過した年数」8000キロから1万キロを超えていると「マイナス査定」逆に走行距離が短いと「プラス査定」になることもあります。

エンジンと電気系統

エンジンをかけて、正常に動作するか、またパワーウィンドウやオーディオがちゃんと動くかを確認します。

またエンジンルーム内が綺麗かどうかも確認します。

部品が欠けていないか、破損がないかをくまなくチェックしていきます。

大幅修理をした際にできる溶接やボルトの痕の有無も見ます。

ここは素人がいじれる場所ではないので、汚れを軽く拭くぐらいで大丈夫です。

各種書類のチェック

車に備え付けられている書類をチェックします。

「車検証」、「メンテナンスノート」、「保証書」、「説明書」、「定期点検整備記録簿」、「リサイクル券」、「自賠責保険の証書」などです。

これらの書類が揃っていると印象アップです。

車の査定を行う際に注意すること

車査定の注意点

査定前に車内とボディは綺麗にしておく

買取業者が来る前に綺麗に洗車をしたところで査定が高額になることは、ほぼありません。

しかし、綺麗にしておくことで「この人は車を大事にしている人なんだ」とか「きちんとした人だ」という印象を与えることができます。

そういう印象を持った相手には自然と襟を正し、しっかりと査定しなければと思うものです。

車内が泥だらけ、ゴミだらけ、という人の車は「この人は車のことを大切にしていなさそうだし、しっかりしていないから相場より低くても大丈夫でしょ」と思われることがあるので、車がごちゃついている人は買取業者が来る前に綺麗に片付けておきましょうね。

事前に相場を調べないこと。交渉は知識ではなく競争

買取額をアップしてもらいたいと交渉をする人がいます。

ネットで相場を調べたり、自分の車のアピールをしたり、とテクニックを駆使するのですが、これはほぼ成功しません。

相手は査定のプロなのでいくら素人が知識をつけても太刀打ちできるものではありません。

それよりも「あの会社は10万円って言っていたんですけど」と実際に他社の査定額を言ってそれよりも高ければ売る、と宣言したり、もしくは「5社に見てもらって一番高額な会社に売ります」と言っておくことのほうが効果的です。

実は私の60オーバーの母も、私のアドバイスにより、一括査定サイトで査定依頼をして、3社に現車確認をしてもらい、一番高額な業者に売却していました。

一番高額な業者と低額な業者の差額は「15万円」もあったそうです。

60過ぎた母でも簡単にできたので、高く売りたい人はこの方法を試してください。

修復歴車について

事故車という言葉は俗語で、正式には「修復歴車」と言います。
一般の人にはあまり馴染みがないため、査定士の方が事故車という表現をしたりします。

「修復歴車」の定義は(社)日本自動車査定協会によると下記のようになっています。

修復歴とは車輌の骨格の部分、つまりフレームやシャーシーなど車の強度を保つ部分に影響を及ぼし、交換や修正をした経緯があるものについて呼ばれます。
例えば、事故により骨格部分に影響を及ぼすと事故歴車になり、その損傷を修復すると修復歴車になります。
逆に、その損傷がその外側部分だけであれば、例えばフェンダーやドアだけであれば、事故歴車になりませんし、交換しても修復歴車にはなりません。ただの交換、板金でしかありません。車が走行する事に関して影響がないためです。

(社)日本自動車査定協会 修復歴判断基準
引用元:http://www.k-staff.net/docs/hyouka/hyuka/syufuku.htm

そのため修復歴車にあたらない車なのに、査定士が「バンパーの交換されてますね。事故車にあたるので査定額が下がりますねぇ。」などと言ってきたとしても、「確かに交換しましたけど、骨格まで影響なかったので修復歴車にはならないですよね?だとすると査定額はさがらないんじゃないんでしたっけ?」と切り返せば、無知につけこまれない抑止力になりますので覚えておきましょう。

バックパネルの交換は修復歴車になる?

バックパネルとはバンパーやテールランプをつけている部分のことです。

こちらに関しては先述した修復歴車の定義ですと修復歴車にはなりません。

しかし、交換の際にトランクフロアとの接合部分を溶接し直さなくてはいけないため、修復歴車とみなされることがあります。

これは買取業者によって判断がわかれるところなので、複数の業者に査定を依頼し「修復歴無し」と判断してくれる業者を選びましょう。

告知義務について

生命保険や医療保険に入る際に、持病がある場合はそのことを保険会社に伝えなければいけませんよね。

それと同じで車を売る際にも、事故歴がある場合は買取業者にそのことを伝えなければいけません。

「事故歴を正直にいうと査定額が下がっちゃうから、ばれなければそのままやり過ごそう」と思って嘘をついてしまうと、告知義務違反となり、後日それが発覚した場合に減額を要求されることになります。

そのため車を売る際には事故歴などを正直に伝えましょう。

加害者の保険会社から修理代を上乗せしてもらう方法

これまでご紹介したやり方でも希望の金額に達しなかった場合は、加害者の保険会社に「格落損害」の請求をしてみましょう。

格落損害とは簡単にいうと、事故が原因で将来の車の買い取り価格が下落してしまうことに対する補償です。

格落損害を請求できる条件

0:100事故であること

信号で止まっていたら後ろから追突されたなど、自分に過失が無い場合です。
お互いに過失が発生する事故では、認められるケースはほとんどありません。

車の損傷が骨格まで及んでいること

シャーシと呼ばれる車の骨格まで壊れていることが前提です。
バンパー交換やドア交換できれいになるケースでは認められません。

新車登録から日が浅いこと

購入して1年以上経過していると、なかなか認められないかもしれません。

これらの条件を満たしている場合には保険会社に「買い取り価格が落ちるかもしれないんですが、その補償はしてもらえるのでしょうか?」と聞いてみましょう。

もし相手の保険会社が格落損害を認めない場合は、日本中古自動車査定協会に「事故減価格証明書(*)」を発行してもらいましょう。

(*)「事故減価格証明書」とは

交通事故等により車体の骨格に損傷が及んだ場合、損傷の程度によりますが商品価値に減価額が発生する場合があります。
査定協会は減価額を「事故減価額証明書」として発行できます。

一般財団法人 日本中古自動車査定協会
引用元:http://www.jaai.or.jp/satei.html

この「事故減価格証明書」をもとに再度 相手の保険会社と交渉してみてください。
公正な立場の第三者機関が発行した証明書なので、格落損害が認められる可能性が高まります。

参考サイト

satei

事故車買取


SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る