信号無視をした歩行者と事故に遭った場合、過失割合はどうなるの?

信号無視をしている車を1日に何度も見かけることはそうそうありません。

けれど、信号無視をしている歩行者を見かけてヒヤッとすることはありますよね・・・。

もし、そんな歩行者と自動車がぶつかってしまったらどうなるのでしょうか?

早速過失割合を見てみましょう。

歩行者が完全に赤信号を無視した場合

事故状況はこちら。

歩行者が完全な赤信号を歩いているところ、青信号で直進してきた自動車と接触しました。

基本割合は、『歩行者が70%、自動車が30%』です。

修正要素

歩行者がマイナス10%

  • 住宅街、商店街での事故
  • 歩行者が児童や高齢者
  • 歩行者が集団横断
  • 自動車の著しい過失
  • 歩道と車道の区別がない道

歩行者がマイナス20%

  • 歩行者が児童や身体障害者
  • 自動車の重大な過失
赤信号とはいえ歩行者の過失が大きいのは意外だったなぁ~
どんな事故でも車の方が高くなるイメージだった。

実際の現場でも同じように感じる方が多かったわ。
「こっちは歩行者で怪我をした上に、70%も過失が発生するなんて!」という感じで。
でも車側としては信号無視する歩行者を予測するのは難しいよね。
そういった事もあって歩行者側の過失が高くなってます。

歩行者が青点滅から進入し赤信号になった場合

次の事故状況はこちら。

歩行者は青の点滅で横断歩道に入り、途中で赤信号に変わってしまいました。

自動車は青信号です。

基本割合は『歩行者が30%、自動車が70%』です。

修正要素

歩行者にプラス5%

  • 夜間の事故
  • 幹線道路での事故
  • 直前直後に横断
  • 立ち止まる・後退

自動車にプラス5%

  • 住宅街、商店街での事故
  • 歩車道の区別なし

自動車にプラス10%

  • 歩行者が児童高齢者
  • 歩行者が集団横断
  • 自動車の著しい過失

自動車にプラス20%

  • 歩行者が幼児、身体障害者
  • 自動車の重過失

 
先ほどの歩行者が完全に赤信号で横断した場合と比べると、過失割合が逆転しました。

自動車側からすれば納得がいかないかもしれませんが、完全に青信号だった場合と比べると自動車から歩行者を発見しやすいですし、事故を予想することも簡単なので自動車の過失が大きくなるのです。

右折車と信号無視の歩行者の事故

事故状況はこちらです。

歩行者は完全な赤信号で横断歩道を歩いていると、青信号で右折してきた自動車と接触した場合になります。

基本割合は『歩行者が50%、自動車が50%』です。

修正要素

歩行者にプラス5%

  • 夜間
  • 幹線道路
  • 直前直後横断
  • 立ち止まる・後退

自動車にプラス10%

  • 住宅街、商店街での事故
  • 歩行者が児童、高齢者
  • 歩行者が集団横断
  • 自動車の著しい過失
  • 歩道と車道の区別なし

自動車にプラス20%

  • 歩行者が幼児、身体障害者
  • 自動車の著しい過失

 
これらは、私たちの日常でも遭遇する可能性が高い事故だと思います。

自分が右折をすることに気を取られずに、その先の横断歩道の歩行者もしっかりと確認してくださいね。

愛車事故車の『最高額』を知りたい方はこちら

あなたの車一括査定!

『交通事故に強い弁護士』の無料相談(24時間受付)

弁護士法人ALG(0922)

弁護士法人ALG(0922)

SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る