歩行者信号が青だった場合、車でも過失は「0」なの?

自分が走っている道に車用の信号がなく、歩行者信号しかない道ってありますよね?

みなさんは普段どうしていますか?

今回は歩行者信号の青を見て交差点内に進入した車と、車用の赤信号を無視した車の接触事故です。

過失割合はいくつになるのでしょうか?早速見てみましょう。
 

歩行者信号「青」の場合の過失割合は?

事故状況はこちらです。

%e9%9d%92%e3%81%ae%e6%ad%a9%e8%a1%8c%e8%80%85%e4%bf%a1%e5%8f%b7%e3%82%92%e9%80%9a%e9%81%8e%e3%81%99%e3%82%8b%e8%bb%8a%e3%81%a8%e3%81%ae%e4%ba%8b%e6%95%85

Aさんは一時停止の標識がある道から交差点内に入る際、歩行者信号の青表示を見て一時停止せずに進入しました。

Bさんは赤信号だったけど歩行者がいなかったため、そのまま交差点に進入。二人は出会い頭で衝突です。

こちらの過失割合は判例タイムズ(事故の判例集)によると、『Aさんが30%、Bさんが70%』です。

修正要素

Aにプラス10%

  • Aの前方不注意など
  • Bが交差点に先に入っていた
  • Aの著しい過失

Aにプラス20%

  • Aの重過失

Bにプラス10%

  • Aが減速
  • Aが一時停止後進入
  • Bの著しい過失

Bにプラス20%

  • Bの著しい過失

え!Aさんが30%も過失あるんですか!

歩行者信号といっても青ですよ、相手は赤ですよ?

歩行者信号はその名の通り歩行者向けに作られた信号で、車には適用されないわ。

車が従わなきゃいけないのは図にあるように一時停止の方。

だからAさんは一時停止をしてない分「30%」の過失が出てくるの。

そうなのかぁ。勘違いしてたなぁ。

なんか線路渡るときって、信号が青なら一時停止しなくていいって教習所で習ったっから、歩行者信号も同じかと思ってたな。

なるほどね。青信号見ると安心しちゃうもんね。

ちなみに私は免許取りたての頃に、歩行者信号が青になるまで進んじゃいけないと思って、ずっと停止線で青になるの待ってた。

さて、過失割合の話に戻りましょう。

このブログをいつも読んでいる方でしたら、今回の事故形態を見たときに「一時停止を無視した相手と事故、過失割合はどうなるの?」でお話しした下記の事故形態を思い出したと思います。

一時停止無視(車)

このように信号機のない交差点での過失割合は『A80%:B20%』で、一時停止無視の方が80%と高い割合でした。

しかし、今回は信号機があり、なおかつBさんは信号無視をしています。

Aさんは「一時停止無視」。Bさんは「信号無視」

どちらの過失が重いかといったら、Bさんの「信号無視」の方ですよね。

こういった観点から考えれば『Aさんが30%、Bさんが70%』という過失割合も納得できるのではないでしょうか。

お互いに加害者意識を持っていた事故例

では実例を見てみましょう。

事故状況は、先ほどご紹介した状況と全く一緒です。

歩行者信号が青の事故形態

新垣さんは歩行者信号が青信号だからと特に何も考えずに交差点に進入、星野さんはぼーっとしていて、赤信号を無視して交差点に入りました。

直前でお互いが気付いたのでブレーキを踏んだため、車の損傷はそれほど大きくなく、怪我もありませんでした。

ここまでは、それほど珍しい事故ではありません。

過失割合は『新垣さんが30%、星野さんが70%』です。

しかし、事故の直後、二人は車から飛び出してお互いに開口一番「ごめんなさい!」と謝ったのです。

(参考:「交通事故に遭った時、最初に謝ったら不利になるって本当?」

新垣さん「あの、私すっかり勘違いしていて、歩行者信号を見てたんです。本当は私が一時停止の標識があるから止まらなければいけなかったんですよね?本当にごめんなさい!」

星野さん「何を言ってるんですか!僕がいけないんです。赤信号を無視してしまいました。最近仕事が忙しくてぼんやりしてしまったみたいで、あ、言い訳してるんじゃありません!本当に申し訳なかったです」

このように、二人の謝罪合戦になってしまったそうです。

私は新垣さんの担当だったのですが、こんな微笑ましい事故直後のやり取りは滅多にありませんので、少しほっこりしました。

私の知る限り、この事故形態は揉めます。

新垣さんサイドは星野さんの信号無視を責めますし、星野さんサイドは新垣さんの一時停止無視を責め立てます。

解決するまでに時間が掛かる事故形態のひとつです。

しかし、今回の新垣さんと星野さんの事故は稀に見るスピード解決でした。

判例タイムズの判例をお伝えすると、二人とも恐縮して自分の過失を大きくするように言いましたが、「判例だからしょうがないですよ」と言ってなだめたほどです。

こんな心優しい人たちに出会えると、「この仕事やっててよかったなあ」と思うものです。

まとめ

歩行者信号が青でも、それは車には適用されません。

一時停止の標識に従い、しっかりと左右を確認して交差点に進入しましょう。

愛車事故車の『最高額』を知りたい方はこちら

あなたの車一括査定!

『交通事故に強い弁護士』の無料相談(24時間受付)

弁護士法人ALGバナー3-1

SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る