盗難された車で交通事故!責任は誰が負う?

盗難車

車が盗まれた上に犯人に事故を起こされた場合、その事故の責任は誰がとるのでしょうか。

「犯人?」それとも「所有者?」

交通事故は運転手の責任

原則として、交通事故においては、事故の責任はすべて「運転手」が負うことになっています。

だから盗難車で事故を起こされた場合、「運転していた犯人」が賠償しなければなりません。

その犯人に賠償能力がなかったとしても所有者が肩代わりする必要はありません。

所有者に大きな過失があれば賠償義務が生じる

しかし所有者に大きな落ち度がある場合は、「所有者」が賠償責任を負うこともあります。

例えば、鍵をつけっぱなしにして人通りの多い道に車を放置して盗難され、直後に事故を起こされた場合、盗難されたのに盗難届けを出さずに放置していた場合などです。

「しっかりと車を管理しなかったせいで犯罪を起こす手助けをしてしまった」と判断されるのです。

犯人が起こした事故に保険は適用できる?

さて、次に気になるのは自動車保険が使えるかどうか、です。

まず思いつくのが「運転者限定」「年齢限定」です。

もし、本人限定家族限定が付いていれば犯人が運転した際の事故は対象外、と思いがちです。

ところが、これらの限定には但し書きがついていて「盗難されてから見つかるまでの間に起きた事故には適用しない」と書いてあります。

つまり、盗難されている間は限定が適用されないので対人賠償責任保険対物賠償責任保険は使えるのです。

そうなんだー。

でも確かに盗難されてる最中まで運転者限定にされたら困りますもんね。

この辺は良心的にできてますね。

あれ?そうなると車両保険はどうなるんですか?

もともと車両保険の支払い対象項目に「盗難」と明記されているから、盗難されてから見つかるまでの間に車が壊れてしまった場合は修理代が支払われるわ。

まとめ

自分の車が盗難された場合、自分の管理や盗難後の行動に問題がなければ被害者さんに賠償する必要はありませんが、なんらかの重大な落ち度があれば賠償しなければなりません。

そうならないために、車の鍵はしっかりと締めて、万が一盗難されたらすぐに警察に届け出てくださいね。

被害者専門『交通事故に強い弁護士』の無料相談

ベリーベスト

スポンサー広告

サイト案内

SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る