自動車保険には入れない人ってどんな人?

お断り

自動車保険って申し込めば誰でも入れそうなイメージがありませんか?

確かに生命保険のように「持病がある場合は加入できない」というような厳しい制約はありません。

しかし、中にはどこの自動車保険会社からも断られてしまう人もいます。

新規契約で断られる場合もあれば、継続契約なのに断られる場合もあります。

そこで、自動車保険に加入できない人をまとめてみました。

こんな風にならないように気をつけてくださいね。

等級が1等級や2等級の人

一番お断りされる可能性が高いのが、1等級、2等級といった事故多発者です。

この場合は、どの保険会社で申し込んでも加入することは難しいです。

自動車保険は6等級からスタートするので、ほとんどの人は6等級以上です。

中には免許を取得した年に事故を起こしてしまって3等級、という人もいますがその後事故を起こさなければ毎年等級が高くなります。

つまり、事故を連続して起こさない限り1等級や2等級にはならないのです。

「そんなに事故を起こす人なんていないでしょう」と思うかもしれませんが、実はいるのです。

示談担当者をしていると、毎年「常連さん」というべき契約者さんが現れます。

ひどい人では1ヶ月に1度事故を起こし、1等級張り付きです。

その方たちは次の契約更改では「契約謝絶」といって、契約を更新することができません。

代理店系損保であれば、「運悪く1年の間に2回も事故に巻き込まれてしまったせいで1等級になってしまった」ようなお客様の場合は「制限付き」で契約を更新できる可能性もあります。

制限とは多くの場合は「車両保険なし」です。

「じゃあ他の損保に乗り換えよう!」と思うかもしれませんが、どこの保険会社も1等級のご新規様はほぼ引き受けをしてくれません。

契約する時に等級をごまかしても、保険会社同士は情報交換システムで連携されているので、前契約の等級は1週間もすれば すぐにばれてしまいます。

もし1等級になったらなんとか今加入している保険会社で更新してもらえることを祈るのみです。

事故多発者

等級は高いのに事故を多発する人もいます。

おそらく家族から等級を引き継いでいると思われますが、1年に3度以上の頻度で事故を起こす人がいるのです。

こういう方は、現在加入している保険会社からは契約謝絶されてしまいます。

そして、他の保険会社で加入しようと思っても、前年度の事故件数が情報交換システムによって共有されてしまいますので新しい保険会社でも謝絶されてしまいます。

契約をお断りされてしまう基準は「1年に3回以上の事故」です。

2回であれば全部とは言いませんが、加入可能な保険会社はあります。

ブラックリストに載ってしまった人

私が勤めていた保険会社にはいわゆる「ブラックリスト」が存在しました。

それは示談担当者が書く「契約に制限をつけて欲しい人情報」です。

先ほどの1等級や事故多発者もブラックリストに載せますが、それ以外にも「無理難題をいう人」「飲酒運転をした人」「保険金詐欺を目論んだ人」などもブラックリストに書きます。

このブラックリストが示談担当者から営業の部署に提出されたら、営業としてもう一度判断した上で、契約を断ったり、契約に条件を付けたりします。

まとめ

これを見てわかると思いますが、自動車保険には入れない人とは「事故多発者」「保険金を支払うリスクが高すぎる人」です。

お客様から預かっている保険金を特定の人のためばかりに支払うことがないように、これらの方々は加入することができないのです。
逆に言えば、普通に生活をしていれば自動車保険には入れない、ということはほとんどありませんので安心してくださいね。

「平均30,035円」安くなった自動車保険の一括見積

保険の一括見積

SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る