「示談交渉」の記事一覧

怪我をしたのに人身事故扱いにならない場合があるの?

人身事故への切り替え
交通事故で当事者の誰かが怪我をしたら、「人身事故」という扱いになり、事故の責任を負うべき人(過失割合が大きい人)に罰金などが課せられることがあります。 しかし、中には怪我をしているのにも関わらず人身事 ... 続きを読む

免責証書にサインする前にすべき事

免責証明書
免責証書って何? 交通事故の示談といえば「示談書」と思われがちですが、実は一番多く使われているのは「免責証書」という書類です。 免責証書の実物として、私の母が被害事故にあった時に署名した免責証書を公開 ... 続きを読む

保険会社から「症状固定」を提案された時に取るべき行動

人身事故への切り替え
症状固定って何? 「症状固定」とは完治とは言えないけど、このまま治療を続けても完治が望めない状態を言います。 症状固定を受け入れると、保険会社からの治療費の支払いや慰謝料の支払い対象となる日数のカウン ... 続きを読む

当て逃げ犯が見つからないと、治療費や修理代が自腹って本当?

人身事故への切り替え
当て逃げと聞くと「凶悪な犯罪」と思われるかもしれませんが、ほぼ毎日のように私たち示談担当者は遭遇します。 そのほとんどが、駐車場での軽微な当て逃げですが、ひき逃げや全損になるような大きな当て逃げも月に ... 続きを読む

【保存版】車が全損になった場合に時価額をアップさせるテクニック

車両保険の選び方
全損(*)と宣告されると早ければ当日、遅くても翌日には保険会社の担当者が「時価額」を提示してきます。 (*)全損とは修理不可能な状態、もしくは時価額より修理代が多い場合 時価額の根拠は「レッドブック」 ... 続きを読む

交通事故で車が全損になった場合に、請求できるお金のまとめ

長期契約ってお得なの?
相手の保険会社から「全損なので修理代は全額でません」「レットブックに書かれている時価額しかお支払いできません」など言われても泣き寝入りしてはいけません!元示談担当者が車の時価額をアップさせる方法をお教 ... 続きを読む

狭い道のすれ違いで接触事故を起こしたら、過失割合はどうなるの?

狭い道路でのすれ違いの事故
狭い道をすれ違うのってドキドキしますよね。 東日本では「すれ違い」と言いますが、関西より西(特に九州や四国)では「離合(りごう)」と言う事もあるそうです。 話はそれましたが、ここでは私が担当したすれ違 ... 続きを読む

免責証書って何?

母の免責証書
交通事故の示談といえば「示談書」と思われがちですが、実は一番多く使われているのは「免責証書」という書類です。 免責証書なんて、私も示談担当になるまで見たことも聞いたこともありませんでした。 ということ ... 続きを読む

0:100事故の場合って自分で示談交渉するって本当?

保険を使うと車の修理代が高くなる?
これは本当です。 交通事故の示談交渉といえば、「保険会社に全部任せればいい」って思っている人が多いと思いますが、実は保険会社が示談交渉できない事故もあります。 それが「0:100事故」です。 0:10 ... 続きを読む

交通事故を起こしやすい人ってどんな人?

単独事故で全損
示談交渉人をやっていると、何度も交通事故を起こす常連さんに出会います。 常連さんは色々な種類の事故を頻繁に引き起こすのです。 1つの事故が解決する前に、次の事故を起こしてしまう猛者もいます。 彼らほど ... 続きを読む

TOPへ戻る