「賠償金」の記事一覧

症状固定後の後遺障害認定までの流れ

後遺障害の手続き
「交通事故で症状固定と言われた時の対処法」でも説明しましたが、症状固定が認定されるとそれ以降「傷害部分」の賠償金はもらえなくなります。 そのため症状固定後も病院で治療は続けられますが、治療費は自己負担 ... 続きを読む

全損になった車は保険会社に引き上げられるの?

全損した事故車
「車両保険の場合」と、「相手の対物保険で賠償してもらった場合」によって変わってきます。 パターン別に説明しますね。 車両保険の場合 全損になり車両保険を満額受け取った場合、その車は保険会社の名義や、下 ... 続きを読む

全損した車の修理代を少なくする方法

弁護士費用特約が有利になるケース
全損とは「修理代」が「車の時価額」を上回ることです。それにより、修理したくても足りない部分は自分で負担しなければいけません。 特に古い車だと新車価格の10%しか時価額としてみとめられないため、修理代の ... 続きを読む

全部補償してくれるとは限らない!対人賠償保険と過失の関係

自動車保険
交通事故に遭ってしまった場合、または起こしてしまった場合、お金のことも気になりますが、まず一番は怪我のことですよね。 車の損害が幸いにも軽微であった場合でも、当事者同士、同乗していた人達が全くの無傷と ... 続きを読む

加害者も慰謝料を請求できるの?

両保険が下りる?下りない?
慰謝料といえば、交通事故の被害者さんが請求するイメージですが、加害者さんだって怪我をすれば請求できる可能性はあります。 ここでは加害者さんが慰謝料を請求できるケース、できないケースについてまとめてみま ... 続きを読む

【保存版】バイクが全損になった場合に時価額をアップさせるテクニック

バイクの時価額をアップさせる方法
全損(*)と宣告されると早ければ当日、遅くても翌日には保険会社の担当者が「時価額」を提示してきます。 (*)全損とは修理不可能な状態、もしくは時価額より修理代が多い場合 時価額の根拠は「レッドブック」 ... 続きを読む

当て逃げ犯が見つからないと、治療費や修理代が自腹って本当?

後遺障害の手続き
当て逃げと聞くと「凶悪な犯罪」と思われるかもしれませんが、ほぼ毎日のように私たち示談担当者は遭遇します。 そのほとんどが、駐車場での軽微な当て逃げですが、ひき逃げや全損になるような大きな当て逃げも月に ... 続きを読む

【保存版】車が全損になった場合に時価額をアップさせるテクニック

弁護士費用特約が有利になるケース
全損(*)と宣告されると早ければ当日、遅くても翌日には保険会社の担当者が時価額を提示してきます。 (*)全損とは「修理不可能な状態」、もしくは「時価額」より「修理代が多い」状態です 根拠はさきほどお話 ... 続きを読む

元示談担当者(私)が全損事故の被害者に!

結城(照れ)
実は私が現役引退後に被害事故にあったことがあるのです。 今回はその事故状況や、交渉を大公開します。 事故状況 私が買い物に行く途中、赤信号で停止していたところ、後ろから大型トラックがぶつかってきました ... 続きを読む

全損事故になったけど、「相手全損超過修理費用特約」で丸く収まった例

弁護士費用特約が有利になるケース
「全損=揉める」というのが示談担当者の常識ですが、「相手全損超過修理費用特約(以下 全損超過特約)」という特約に加入していれば普通の事故と同じように丸く解決することもできます。 (全損については「交通 ... 続きを読む

TOPへ戻る