全損した車の修理代を少なくする方法

全損とは「修理代」が「車の時価額」を上回ることです。それにより、修理したくても足りない部分は自分で負担しなければいけません。

特に古い車だと新車価格の10%しか時価額としてみとめられないため、修理代の自己負担額は多くなります。思い入れのある車だと、修理してまた乗りたいですよね。

そこで今回は「全損した車の修理代を少なくする方法」を紹介します。

中古部品、再生部品を使う

中古部品

一番確実で、安全に修理費用を抑えることができる方法です。

特にラジエーターやコンデンサーといった値の張る部品が壊れてしまっている場合は、部品代を半額以上節約することができます。

「けど中古って汚いんじゃないの?」
「再生って安全面が心配なんだけど」

そう思う方も少なくありません。

実は私も示談担当者になるまでは「中古とか絶対に嫌!」って思っていました。

しかし、研修で中古部品や再生部品を見てびっくり。
見た目は新品と全く同じです。

実際に新品と再生部品を並べてみたところ、どちらが新品なのか分かりませんでした。
もちろん安全面での心配もありません。

私の友達が再生ラジエーターを使った中古車に乗っていますが、10万キロ走っている今もまったく問題が起きていません。

保険会社の提携工場で修理する

「昔から付き合いのある修理工場がない場合はどうすれば良いの?」という人は、保険会社に修理工場を紹介してもらいましょう。

今では、ほぼすべての保険会社が「提携修理工場」を持っています。

技術が確かで、信頼の置ける修理工場のみを「提携修理工場」として認定しているのです。

提携修理工場は中古部品や再生部品の使用にも積極的で使い慣れています。

さらに、修理技術が厳しい基準をクリアしていますので、フレームが曲がっているような大破した車の修理も難なくこなすことができます。

また、修理中の代車を無料で貸してくれますので、修理期間が長引いても日常生活に支障が出ません。

もちろん、修理代も通常よりも値引きをしてくれますので、全損車両を修理することも不可能ではないのです。

提携修理工場はアジャスター(保険会社にいる車の専門家)と仲が良いので、アジャスターが「社長これちょっと頑張って修理してよ」と言えば修理してくれる工場も少なくありません。

実際に私が現役時代に、提携修理工場で全損から蘇った車は30台以上あります。

修理工場に頑張ってもらう

これは確実とは言えませんが、修理工場と昔からの付き合いがある場合はかなり有効です。というのも、保険を使うときの修理代は「定価」だからです。
(参考:『保険を使うと車の修理代が割高になるって本当?』

家電でも食料品でもメーカー小売価格はありますが、その値段で販売しているお店はほぼありませんよね(高級デパートぐらいなものです)。

修理工場も保険を使うのであれば「定価」、使わないのであれば「割引価格」で修理してくれます。

だから、修理工場に支払える上限金額を伝えれば、その範囲内で修理ができるかもしれないのです。

車両保険の金額が50万円、修理代が100万円というように大きな差が出てしまっている場合は無理だと思いますが、差額が20万円程度なら埋められる可能性もあります。

「社長、なんとかこれでやってくれないですか?お願いします!」と言えば嫌な顔はしないでしょう。

それでもダメでしたら「かんたん車の一括査定(事故車対応)」というサイトもあるので、活用してみてください。

satei

バイクの方は「バイクのネット査定(事故車対応)」というサイトもあるので活用してみてください。

バイク査定


『交通事故に強い弁護士』の無料相談(24時間受付)

弁護士法人ALG _1128


SNS紹介

こんにちわ!結城 泉です。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
『Twitter』や『Facebook』では、ブログで書ききれなかった事や
ブログの更新情報をつぶやいています。
フォローしてくれたら嬉しいです!

TOPへ戻る